ビートマッチ

【 ビートマッチ 】 記事一覧

ビートマッチ情報(6/16)

ビートマッチ

ビートマッチ

2017/06/16 <近況>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「この中間は坂路調教のペースをハロン14秒まで上げています。両前の球節の状態はだいぶ落ち着いてきましたので、今後もケアを続けながら調整していきたいと思います。次走の予定はもう少し乗り込んでからになるでしょう」馬体重529㎏


天栄に見学に行かれたka2さんから情報を頂き、夏競馬で賞金加算し秋に向かいたいとの事でした。
脚元との相談になりますが、しっかりと調整してもらい、まずは次走で結果を出してもらいたいですね。
スポンサーサイト

▲PageTop

ビートマッチ情報(6/9)

ビートマッチ

ビートマッチ

2017/06/09 <近況>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「今週から坂路コースに入れて15-15を始めています。入場後から確かに両前の球節がモヤモヤしていますが、前回送り出す時と比べて大きな変化はありません。今後もケアをしながら進めていきます。萩原先生からは『調教時に体を収縮させることを意識して取り組んでほしい』と言われています」馬体重533㎏


天栄から言わせると、想定内ってことでしょうか?
まぁ、しっかりケアして頂ければ、言う事はございません。

▲PageTop

ビートマッチ情報(5/31)

ビートマッチ

ビートマッチ

2017/05/31 <近況>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

萩原清調教師「競馬の後は両前の球節が少しモヤモヤしています。現状はどうしてもまだ脚元に反動が出やすいですが、それですぐにどうこうというわけではないですし、あまり間隔を詰めないで大事に使っていけば問題はないでしょうから、今回も放牧を挟むつもりです。前回の競馬がもう一つだったので、ダート変更も考えましたが、今回の競馬の内容から、芝を諦める必要はなさそうですね」


あ、やっぱり反動出ちゃっての放牧なんですね。
まぁ、仕方ないですね。また戻ってくるのを待ちましょう。
権利が消えないうちに戻って来てね。

▲PageTop

ビートマッチ情報(5/29)

ビートマッチ

ビートマッチ

2017/05/29 <レース結果>

 5/27(日)京都6R 3歳500万下〔芝2,000m・9頭〕3着[3人気]

まずまずのスタート決めると、道中は3番手を追走、勝負どころから前を窺いに行くと、上位馬にジリジリ差を詰め寄りましたが、僅かに届かず3着に敗れています。

福永祐一騎手「気が良い馬ですし、ハミの取り方が強いところがあるので、どうしても頭が下がって走るところがありますね。ただ、今回はフッと息を入れるところがありましたし、3番手の位置で上手く追走することができました。3コーナー手前で少しハミ受けが強くなりましたが、それでも辛抱して走ってくれていましたし、最後の直線もジリジリ頑張ってくれたと思います。大型馬だけあって不器用なところがあるので、どうしても無理に追っ付けていくとモタモタするところが窺えますから、コーナーが4つより、ワンターンのコース形態の方がゆったり脚を溜めながら追走することができると思います。今回のように自分でハミを抜いて溜めを作れるようになれば、能力の高い馬だと思いますし、まだまだ良くなる体付きなので、いい競馬をしてくるようになると思いますよ」

萩原清調教師「ハミの取り方が上手い方ではありませんが、福永騎手がその点に気を付けて上手く騎乗してくれましたね。今回は頭の位置が下がることなく、そこまでハミに頼ることがなかったことで最後まで頑張ってくれました。前回の競馬があまりにも内容が悪かったので、今回のレースでどう変わってくれるか気に掛けていましたが、その点に関しては一安心しました。今回の競馬を見て改めて能力の高い馬だと思いましたし、今の状態でこれだけ頑張ってくれたのですから、いい状態でレースに臨めばその内チャンスも出てくると思います」



土曜日の京都6Rに愛馬ビートマッチが出走しました。
口取り応募したところ見事に当選しましたので、淀まで行ってきました。
結果は3着ということで二度目の口取りは叶いませんでしたが、直線に入りコロナシオンを交わした時には思わず声がでてしまいました。
レース後の脚元次第でしょうが、次が楽しみになりましたね。
陣営としては次も芝を使うのか、適性有りと判断しているダートに変えるのか、このあたりの判断も見ものですね。
前目でレースを運べる事を考えると、函館なんてのもおもしろいかなと思いましたが、福永JKの『ワンターンのコース形態の方が~』というコメントがありましたので、次走は府中での出走になるのではと思いますがどうでしょうね。

レーシングカレンダーと睨めっこしたところ、6月17日の八丈島特別が牝馬限定でおもしろいのですが、距離が1800なのでちょっと微妙ですね。ただ、この日はジューンSにブラックバゴが出走予定なので、二頭出しになればいいなぁ。


この時点では4番人気でしたが、最終的には3番人気だったようですね。


大きな仔ですが、可愛らしい顔してません?


福永JKが騎乗しても、入れ込む様子はそれほどありませんでした。


返し馬もスムーズ


番外編の誘導馬、ビートブラック(右)。ビート繋がりということで。。。

▲PageTop

ビートマッチ情報(5/25)

ビートマッチ

ビートマッチ

2017/05/25 <出走情報(確定)>

 5/27(日)京都6R 3歳500万下〔芝2,000m・9頭〕54 福永祐一 発走12:45

2017/05/25 <近況>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで24日に時計
次走予定:5月27日の京都・芝2,000m〔福永祐一〕

萩原清調教師「24日に南Wコースで単走で追い切りました。胴長なので背腰に疲れが溜まりやすいのですが、その点では前回よりも状態はいいです。ただ先週に比べ、トモの状態が少し落ちていて、走りにまとまりがなくなっているように感じたので、中間は針治療なども施し、競馬までになるべく状態を戻したいと思っています。先週は除外されてしまいダートの長距離戦を試すことができなかったので、今週は東京も京都も芝もダートもすべての選択肢を捨てずに検討してきましたが、少頭数で同型馬も少ない京都・芝2,000mを選択しました。また、当初は浜中騎手に声をかけていましたが、先約があったようなので福永騎手にお願いしました。除外で延びた影響か追い切り前の馬体重が前走からマイナス10㎏でしたので、輸送を考慮すると大幅に減ってしまうかもしれないことはご了承ください。今回は脚元が落ち着いていることから大丈夫と判断し、フラットコースでも追い切ることができていますので、前回とはその違いが出てくれないかと期待しています」

今日になってビートマッチの出走予定に東京の芝2400と芝1800が加わりどうなるのかと思ったら、結局は京都の芝2000に決まりました。が、鞍上が浜中JKから福永JKに変更されています。
まぁ、これは素直に鞍上強化と捉えて良いのではないでしょうか。
頭数も9頭に落ち着きましたし、チャンスはあると思って現地観戦する予定です。
一応、口取りにも応募してみましたが、さてどうなるでしょう?

ただねぇ。。。陣営のコメントを見る限り、ちょっと下降気味なんですよねぇ。

▲PageTop

Menu

プロフィール

jiru

Author:jiru
一口馬主を中心に気が向いたときにちょこっとUPしています。
尚、ここで紹介しているコメント、画像についてはシルクホースクラブの許可を得て掲載しています。

アクセス数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード