ブラックバゴ

【 ブラックバゴ 】 記事一覧

ブラックバゴ情報(2/2)

ブラックバゴ

ブラックバゴ

2018/2/2 <近況>

在厩場所:1日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動
調教内容:
次走予定:未定

天栄担当者「こちらでは引き続きウォーキングマシンの運動で体調管理に努めてきましたが、本格的な調教を始めるまでには、まだ時間を要するので、北海道で静養することになりました。1日にノーザンファーム空港へ移動しました」


天栄から空港へ移動となりましたね。
向こうでは再度検査等は行うのでしょうか?
天栄に見学に行かれた方の情報などでは安定しているという事ですので、そこまで大きな問題とはならないのかもしれませんね。
とはいえ、しっかりオーバーホールして頂き、戻って来てくれればと思います。
スポンサーサイト

▲PageTop

ブラックバゴ情報(1/26)

ブラックバゴ

ブラックバゴ

2018/01/26 <近況>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

天栄担当者「入場後はウォーキングマシンの運動を続けています。出血が多かったと聞いていますので、しばらくは軽めの調整で様子を見ることになると思います。鼻出血は残念でしたが、重賞勝ちのチャンスは十分にある馬ですから、この機会にしっかりオーバーホールをしたいと思います」馬体重535㎏


鼻出血でAJCCを回避し、天栄に放牧に出されたバゴですが、今の所はそれほど心配しなくて良い感じですかね?
場合によっては今回の更新であまり良い情報とならないのではと考えていましたが杞憂に終わりました。
それどころか、重賞勝ちのチャンスがある馬という、響きの良い言葉も聞こえましたので、とにかくしっかりと治していただき、復帰してもらえればと思います。

戻ってくるまでは、ブレッシングテレサ、ビートマッチ、グロンフォールが頑張ってくれる・・・はずです。

▲PageTop

好事魔多し

ブラックバゴ

ブラックバゴ

2018/01/17 <近況>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで17日に時計
次走予定:未定

斎藤誠調教師「17日に南Wコースで併せ馬で追い切りを行った後、厩舎に戻る際、胸前が赤くなっていることに気が付きました。厩舎に戻って詳しくチェックしたところ鼻出血を発症していることが確認されました。すぐに診療所で検査をしてもらい、肺からの出血であることが判明しましたので、残念ながらAJCCを回避することにしました。前走で良い競馬をしていましたし、今週も期待していただけに誠に申し訳ございません。こちらで少し経過を見てから放牧に出させていただきます」


いきなり届いたシルクからの近況メールに嫌な予感がしましたが・・・・

なんと追い切り後に鼻出血という事で、AJCCを回避となりました。

非常に期待していただけにショックが大きいです。

まぁ、なってしまった事は仕方ないので、しっかりと治してもらって戻って来てくれればと思います。

▲PageTop

ブラックバゴ情報(1/10)

ブラックバゴ

ブラックバゴ

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:1月21日の中山・AJCC(GⅡ)〔岩田康誠〕

斎藤誠調教師「レース後は脚元を含めて大きな問題はありませんし、馬も元気な様子なので、このまま続戦したいと思います。これまでのレース振りから考えても東京コースよりは中山コースの方がこの馬の良さを活かせると思いますし、やや間隔は詰まってしまいますが、次走はAJCCを目標にしたいと考えています。追い切りの本数は消化していましたし、見た目にも太くは映りませんでしたが、前走は馬体重がプラス14㎏と増えていました。そういったところも一叩きしたことで、もっと良くなる余地は残していると思いますので、いい状態でレースに向かえるよう調整していきたいと思います。岩田騎手がぜひ乗りたいということでしたので、引き続き手綱を取ってもらいたいと思います」


予想通りと予想外です。

予想通りなのは、次走予定としてAJCCとなったこと。
まぁ、馬の状態次第とは思いましたが、問題ないようですね。言葉通り叩き2走目でもっと良くなってくれればありがたいです。

予想外なのは、鞍上が引き続き岩田JKになったこと。
結構お怒りの様子でしたので、乗り替わりになるのではと思っていました。
池添JKが一時的に美浦に拠点を移すような話もありましたので、それも有りかなと思いましたが。
まぁ、岩田JKが是非ということですので、同じような失敗は繰り返さないでしょうし、
脚の使いどころとか、この馬の癖を分かってくれていると思うので、次走は期待したいと思います。
とはいえ、次も相手揃うんだろうなぁ。

▲PageTop

ブラックバゴ情報(1/9)

ブラックバゴ

ブラックバゴ

2018/01/09 <レース結果>

 1/6(土)中山11R 中山金杯(GⅢ)〔芝2,000m・17頭〕4着[4人気]

シャドーロール着用。五分のスタートを切りますが無理せず、道中は後方1,2番手からの追走、3,4コーナー中間あたりから外を回って徐々に進出を開始し、直線は大外から上がり最速の脚を使ってよく差を詰めましたが、4着まで追い上げたところでゴールしています。

岩田康誠騎手「去年の夏場に乗せていただいた時より、馬体の張りが良くなっていましたし、返し馬では引っ張り切れない手応えで、とても状態が良いのが伝わってきました。馬が怒らないように前半は馬のリズムを大事に騎乗しましたが、折り合いも付いてとてもいい感じで追走することが出来ました。最後の直線では抜群の末脚を見せてくれましたが、届かなかったのは立ち回りの差だと思います。去年より力を付けていますよ」

斎藤誠調教師「あの遅い流れであの位置取りでは届かないでしょう。もう少し早めの競馬をして欲しかったですね。長くいい脚を使えるのですから、もう少し早めに仕掛けるとか、馬込みに入っても苦にしないので、最初からもっと出して行ってもう一段前に付けていたら、あの着差ですし差し切っていたかもしれません。勿体なかったですね。レース後の状態を確認してから、次走について検討します」


金杯で乾杯ならず、金杯で惜敗!!

中山金杯に出走したブラックバゴですが、惜しくも4着という結果となってしまいました。

いつものようにラジオNIKKEIにてレース中継を聴いていたのですが、心配していたスタートで名前が呼ばれるような事もなかったので少し安心していたのですが、道中の位置取りでは全く名前が呼ばれない。。。
もしやと思うと、なんと後ろから二番目での追走だなんて。
その後3コーナーを回った時には最後方だったことは映像をみるまでつゆ知らず、ひたすら耳を傾けたのですが、名前は殆どよばれず。諦めかけたその時、最後の直線で大外からブラックバゴと聴こえ一瞬心が躍りましたが、残念ながら届かずという結果。

レース映像を見ましたが、位置取りがあまりにも後ろすぎたでしょうかね。
また、パトロールビデオも見ましたが、終始外々を回っていますので、2200ぐらい走ってませんかね?(笑)
上がりは最速の33.8。2番目の上がりが3着のストレンジクォークで34.5ですから、かなりの脚だったことが分かります。
これだけの上がりを駆使しながら届かないということで、後ろ過ぎたとか仕掛けが遅いとか言われていますが、逆にいうと前に行ってこの上がりが使えたかは疑問ですよね。ただ、着差が着差だけに、ほんの少しだけ前に居たらとは思っていますし、正直な事を言えば残念ですが、結果は結果として受け止めましょう。
重賞でもある程度通用する事は再確認できましたので、次走に期待したいと思います。

で、斉藤先生のコメントからすると、状態に問題なければAJCCあるかもしれませんね。
まぁ、あれだけの脚を使ったわけですから、反動があることも十分に予想されますので、しっかりと状態を見極め、あくまでも馬ファーストでお願い致します。



▲PageTop

Menu

プロフィール

jiru

Author:jiru
一口馬主を中心に気が向いたときにちょこっとUPしています。
尚、ここで紹介しているコメント、画像についてはシルクホースクラブの許可を得て掲載しています。

アクセス数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード